行政書士になったら

わたしも、行政書士になってまだ日が浅いのですが、行政書士になったらどんな感じで仕事をしていくことになるかまとめてみました。

独立・開業

多くの場合、独立して行政書士事務所を作ります。事務所を構えるか、自宅で開業するかは人それぞれです。聞いた話では、最初のうち自宅で開業し、規模が大きくなってきたら事務所を借りるというのが王道となっているようです。お金が貯まったらということだと思います。

独立した場合の年収は、それこそ人それぞれで、成功者は2000万円以上稼ぐ人もいるようですし、そうでない人は底が見えません。営業しないと仕事は皆無ですし、仕事が皆無だと収入も皆無です。どういうデータか詳しくわかりませんが、平均年収は600万円だと言われています。

一般企業で働く

行政書士として働かず、一般企業で行政書士の知識を活かした働き方をしている人もいます。企業でも、法務部や総務部など、行政書士の知識が役立つのです。会社員なので、安定収入が得られます。働き方は価値観の問題なので、安定志向の人は独立の道は選ばないのかもしれません。

行政書士の資格は、就職や転職で有利に働くそうです。つまり、企業も求めているわけですね。誰でも受験できる資格なので、学生のうちに合格する人もいます。受かれば、現在の厳しい雇用状況でも、十分戦っていけるのではないでしょうか。

次のステップに進む

行政書士を、ゴールではなく通過点と考える人もいます。弁護士や司法書士や公務員を目指す人が、入門編として行政書士の勉強をするというのが流れになっているのです。通過点と言われるとわたしの立場もありませんが、向上心のある人は次のステップを検討してみてはいかがでしょうか。

それとは別に、ダブルライセンスを目指す人もいるようです。行政書士と、もうひとつ別な国家資格を取るということです。たとえば、社労士をとって、「行政書士・社労士事務所」とするなどです。資格を取るのは大変ですが、仕事の幅が広がり、チャンスが2倍になります。お客様からみて、相談しやすい相手として信頼されます。